何事も目的を成就する為には一念が大事であるとは、よく聞かれる言葉です。

 それは何事も一念から始まり、一念により終わるからです、だから目的達成の為には一念を強く保つ事は非常に大事といえます。

 ではこの一念とはどういう意味を持つものでしょうか?

 一念とは、正確には一念三千(いちねんさんぜん)と言い、中国天台宗の開祖である天台大師が創案したとされる天台宗の観法(我が心を観る事)で、仏教から生まれた言葉です。

 私達の心は瞬間、瞬間に変わり、様々な事を一瞬の心に観じます、これが一念ですがそしてこの一念には三千の諸法を具えているという事です。

 少し難しいかも知れませんが、解りやすく言うと例えば今お腹がすいて「何か食べたい」と思った時、この「何か食べたい」と思う一瞬の心の中には「何か食べたい」と思う以外の他の様々な思いや要因が含まれているという事です。

一念には三千の想いが

 これだけでは解りにくいので、もう少し詳しく説明すると、例えば良い会社が見つかり是非ともこの会社に入りたいと思い、就職試験を受けたとします。

 就職試験などを受ける時には自身の能力とは別に「運」とかの影響も受ける訳ですが、そういった事も一念の中に含まれているという事です。

 運とか言うものは姿や形がある訳ではないので確かめようがないのですが、実際にはそういった事も含まれています。

 ですから、当然の事ながら強い気持ちで試験に臨むのと、そうではなく軽い気持ちで望むのでは運の働きも違ってきます。

 要するにこの一念の中には過去の思いは勿論含まれていますから、当然、十年後二十年後の自身の人生も含まれます、従って自身の未来は毎日どういった気持ちで生きていくかで決まると言えます。