この世の中はすべて法則によって動いています。

 ですから法則に従って生きるという事はとても大事なことなのです。

 例えば山に登るにしても、山には山の法則がありますそれを無視して登山をしても成功はおぼつきません、ばかりか大きなリスクを伴います。

 それは幸運を掴むにも同じ事が言えます、当然幸運を掴む為にはその法則というものが存在するからです。

 四柱推命の鑑定と言うのは生命活動の“気”の働きのリズムを明確に捉えたものです、“気”といっても理解し難いかも知れませんが全ての生命においてその生命を活動させる為には必ずこの“気”というものが存在します。

 気には色がある訳でも形がある訳でもないのでなかなか解りにくいのですが、間違いなく存在します、強いて言えばその人その人には雰囲気というものがありますがそれがこの気と言って良いでしょう。

 このようにあるようで無い、無いようであるこれを「空」と言う訳ですが、要するに“気”の働きのリズムと言うのは“気”は生命を活動させる働きの事でその働きに一定の法則性があるという事になります。

 従って人生で重要な、就職 転職 結婚 開業とか始める時はその芽が大きく育つように運気の活発な時を選んでスタートする必要があるのですこれが法に従うという事です。

 普段の生活でも体の調子が悪い時は仕事をするにしても集中力を欠いてしまい、とても仕事どころではなくなってしまうものです。

 それでも、このような場合はその原因がハッキリしているので納得できますが、その原因が運気にある場合先に述べたように色がある訳でも形がある訳でもないのでなかなか解りにくいのです

 その結果会社や同僚が悪いとか、また結婚の問題などでは配偶者が悪いと言ったことになってしまう訳です。

 以上“気”の法則については大体理解して頂けたと思います。

開運の為に法則に従う

 そして、更なる幸運な未来という事を考えた時ここが最も重要なのですが、四柱推命の鑑定と言うのは今自分が持っている運をいかにして有効に活かすかという事であって運を積み上げていくという事ではありません。

 勿論、四柱推命を活用して今自分が持っている運をいかにして有効に活かすかという事も大切で重要なのですがそれだけでは本当の価値のある人生とは言えないのです。

 今自分が持っている運を活かしながらさらにその運を強く大きく育てる、これが最重要なのです。

 その為にはどうすれば良いか、それには何の為に生きるのか、何の為の人生かという事になってきますが、結局「自他の利益」の為に生きる以外にないのです。

 本当の喜びは自他共に喜ぶ、これが幸福の法則です。