この度は、幸せを掴む為の人生相談をご訪問頂きありがとう御座います。

 当サイトは四柱推命の中の空亡を上手くコントロールする事によって災いを少しでも小さくして、幸せを掴んで頂く為のサイトです。

 災いには自然災害によって受ける災い、自身の宿業などによって起る災い、又自身の活動期を間違えてしまった為に受ける災いなどがありますが、四柱推命による鑑定は自身の活動期とその性質について鑑定するものです。

 従って、四柱推命による鑑定はその人のすべてを鑑定するものではありません。

 ですが、すべてではありませんが、この生命の活動期のリズムというのは私達の人生の幸、不幸に重大な影響を受けるのです。

 そして、上記に三つの災いについて述べましたが、この災いの中には人知によって未然に防ぐ事ができる災いもあります。

 災いを未然に防ぐとは、四柱推命によって自身の活動期を知って相応に対処する、これが災いを未然に防ぐ事にあたります。

 私達の生命活動は一定のリズムによって活動しています、そこには当然運気の活発な時、衰退の時があります。

 運気の活発な時は積極的に活動すべき時です、衰退の時は極力活動を抑える時なのです、これが相応に対処するという事です。

 運気の良い時はそうでもないのですが、運気が落ち込んだ時等不安に駆られ悩みが悩みを呼んでさらに問題を深刻にしてしまう場合があります。

 その様な時「今は運気が悪いとき」と自覚していれば深刻に悩む事は避けられます、ばかりか悩みを真正面から受け止める余裕もでき、更にはその事をバネにさえする事も可能です。

 この世の中は法則によって動いている訳ですが、法則とは壁と考えてよいでしょう、運気の良いときはこの壁が開いてくれる、反対に運気の悪いときはこの壁が閉じている訳です、そういう時に無理に壁を破ろうとブチ当たったりしてはいけません自身が傷つくだけです。

待てば回路の日和あり

 諺に「待てば回路の日和あり」という言葉がありますが、例え今は運気が悪い時であっても、法則に従って運気が活発になるのを待てば壁は勝手に開いてくれるのです。

 平成23年3月11日、わが国日本は東北地方において未曾有の大震災に見舞われました、それでなくても経済の低迷で生活は楽ではありませんでしたが、この大震災によりさらに深刻な事態に陥ってしましましが。

 この様な時こそ、自身の活動期を知って頂いて有効に活用していただきたいものです。

 そしてこの知識は、子供にも教え伝えて活用でき、さらには孫の代まで伝える事のできる知識です。

 当サイト幸せを掴む為の人生相談が、少しでもお役にたてる事が出来る事を願って止みません。